So-net無料ブログ作成

#8 #9 6700Kでジタバタ

いつもの空冷test:Vcore 1.264V CPU-Zのみ
#8 4900(1C1T 5035, 2C2T 4933, 4C4T 4923) VID1.264V 室温24.5℃

102.33x44=4500MHz(L3:4.5G)
1.216V 05と06 & 1.232V Geek3でscore確認

*今回は難しくて、カミソリ刃2枚消費(笑
delidded and swap TIM
室温24.5℃/湿度78%
M/BとDDR4はツユ仕様(ワセリン+ティッシュ+キッチンペーパータオル)
ま、湿度65%までは、ワセリンなしでやっています。

1) 突沸を越えないHasfailのような石(~-140℃)は湿度60%以上
で、ワセリン処理(必要最低限に)が無難!
2) ドライアイス領域だと湿度55%以上は何らかの処理が必要と思います。

1回 LN2 10~20L 2h(お絵かき),5-6h(CPU Bench)程度ですが
結露でM/BやCPUが吹っ飛んだ記憶はありません。
ワセリンやグリスの拭き取りは100円ショップのジッポー用オイルを使用しています。

温度変化が激しいガストーッチは、使用していません。
これが有効なのは
1) セラミックグリスや堅めのグリス。
2)突沸を越えないタイプの石の時と絵板のcold bug回避(GT-CT間)と温度control。
 理由は、各自よ~く考えてみて下さいませ。
 
4C8T
いつもの、検証設定
Standby PLL1.60 CPU PLL 1.80~1.85V
DMI: 1.51(2D) PLL-Bandwidth: Level 6でstart
101x59までしか設定不可能。しかも、-144℃辺りで固まります。。。orz

CBB -126℃ CB-144~-150℃
Standby PLL1.20~1.50V CPU Core PLL:1.80~2.10V
CPU nternal PLL: Auto~1.60~1.85V PLL Bandwidth:Level4~8
DMI Voltage:1.51V

4C8T -150℃ 102x63=6426MHzが設定限界(CPU-Z)
4C4T -162℃ 141x46=6486(Pf:6440MHz)
3C3T -166℃ 141x46=6486(Pf:6440MHz)
2C2T -172℃ 143x46=6578(CPU-Z)
1C1T -189℃ 141.25x48=6780(Pf:6719MHz)
以上、core #0だけまともな?石でした。(Bclockを上げて廻す必要あり)

最適設定
HT off→Core数↓→Bclock↑でCBが改善
Bclock133以上でstandby1.60V以上が可能→CBがさらに改善

Standby PLL1.6325V CPU Core PLL:2.10V
CPU internal PLL: 1.85V PLL Bandwidth:Level6 DMI Voltage:1.51V

1C1TのみCBB-166℃ CB(-)で廻す事が可能でした。
pf-9.47-katana.jpg
-------------------------------------------------------------------------------------------------
空冷test:Vcore 1.264V CPU-Zのみ 室温26.0℃
#9 4785(1C1T 5050, 2C2T 4900, 3C6T 4882, 4C4T 4800) VID1.312V
core 3が良くないですが、core0-1-2は、OK, IMCもまずまず。
Pf 6709MHz 9.48s(1C1T) 03:6477 MHz(3C3T) 288060
Cine15:6200MHz Cine11.5:6212MHzでした。。。やっぱjunk
03-288060-6.477g.jpg

System
CPU:6700K(L604F405/M6 & L603F526/M6) 
M/B:#3 M8H(0040)
CPU Cooling: MAXXNEO & LN2
V-TEC ARC Bed Rev.3.3 by Vigor
Memory:F4-3600C17D-16GTZ,F4-3866C18D-8GTZ
VGA:GT520
SSD:SanDisk 128G & M4 64G
WD360ADFD(data & system backup)
Power Supply:Seasonic SS-1250XM
OS:WinXP x86 & Win10 x64
グリス:Kryonaut(くまさんグリス)

感想
1) 面白い石を経験しました。(core#0が良くなければ30min終了な石)
2) CBBが高くてもドライヤーの使用は、必要最低限です。
  突沸越えの石の場合ちゃんと理由があって、そうしています。(火気厳禁)
3)skylakeの場合、暖気は起動確認のみが良いです!(理由あり)
  これも、時間があったら一度良く考えてみて下さいませ。
4) 教材?としては、非常に良い石でした。
5) ま、私にとっては**石(常用石)でした。チクショ~(笑
6) 1080TiがCESでSky-XがQ3'17らしい。

DDR4のmemory setting(timing)と各種bench(基準値)

最近は、環境整備とbench OSの調整をしています。

Win7 x64でのsetting:MAXMEM=3000
win7x64-b die-setting.jpg
MAXMEM=2100まで絞ると、更に安定しますが、若干scoreは低下します。(Geek3)
WIN8 8.1 10 x64はWin7ほどではありませんが、MAXMEM=3000~2500程度で
Benchで使用可能です。
*11のPT/CTやVantageの調整は、未定です。(Vantageはwin7 32bitでOK)
* GPUPI for CPU 1BはmemoryはゆるゆるでOK

03 6700K 4.5G B-die
03-4.5g-214476.JPG

AQ3 6700K 4.5G B-die
aq3-4.5g-437857.jpg
12-12-12でも、ほぼ同じ

05 6700K 4.5G B-die
05-4.5g-57843.jpg
E-die 4Gx4より、ほんのり速いです。

06 6700K E-dieとB-dieで著変なし
06-4.5g-45596.jpg

Cine15(Cine11.5も同じ) 6700K 4.5G B-die OS:Win10 x64
c15-b-4.5g-1021.png
12-12-12≒12-11-11でした。

Geek3 6700K E-die 4Gx4
geek3-4.5g-20447.png
XTUもそうですが、E-die 4Gx4の方が安定して
良いScoreが出ています。
104.66x60=6279MHZ(L3 6175MHz) 2185
xtu-2185-katana.jpg
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
基準値
6700K:4.5G(102.33x44),L3 4.5G) GPU:980ti

AQ3:Win8.1 x64 :433500~437000(B-die 2枚)
01:WinXP x64 :160.75x28(CPU 4.5G/L34.5G)のscoreは139800±200
03:WinXP x64 :214100±200(E-die 4枚)
05:Win8.1 x64 :57650~57800(B-die 2枚)
06:Win8.1 x64 :45450~45600(B-die 2枚)
* Legacy 3DMark(Free Keys)
ttp://forum.hwbot.org/showthread.php?t=137126

Cine11.5:Win10 x64 :11.05±0.04(B-die 2枚)
Cine15:Win10 x64 :1016±5(B-die 2枚)
Geek3:Win10 x64:20300~20450(E-die 4枚)
XTU:Win10 x86:1616±5(E-die 4枚)
HWBOTPrime:Win10 x64:6900~6920(JAVA 9 106)
ttp://forum.hwbot.org/showthread.php?t=153956
------------------------------------------------------------------------------------------------
感想
1) E-die 4枚 or B-die 2枚
  両方有った方が良いけど、大差なし。
2) しばらくは、OSのチューニングのみ。