So-net無料ブログ作成
検索選択

サーマルグリス:Thermal Grizzly Kryonaut

噂のグリスを購入してみました。

Thermal Grizzly Kryonaut:1.5ml (5.55g)
熱伝導率 12.5W/m・k 粘度 120~170pas
耐熱温度 -200℃~350℃
海外のOCerの間では、すでに定番化しつつあります。

成分割合等は、もちろん企業秘密でしょうし
仕様・test環境等の詳細は、不明ですが
そんなことは、ど~でもよい(爆

ま、しかし、LN2冷却(LHe)での性能はかなり良さそうです。
で、とりあえず使用してみました。
対照はGC-Extreme

空冷
1) やわらかくて、塗りやすい。
2) 性能は、GC-Extremeとほぼ同じか、多少良い
  もちろん常用耐性が変わるほどではありません。

LN2
1) GC-Extremeで廻ったところまでは、簡単にまわりました。
2) 軽いBench(05 06程度)では、GC-Extremeとほとんどかわりません。
3) 多少、クラックしにくいと思います。まだ、初回なので、何ともですが。
  クラックしてからも、GC-Extremeと同様の扱いでOKと思います。
4) 05x6 06x4 06の4回目にクラックしたようです。。。多分。
5) いつクラックしたか分かりにくい。(GC-Extremeは、わかりやすい)
6) クラックしてからの性能も、多少良さそうです。

01-03-05-06-AQ3
Chip限界が変わる事はないと思いますが
良い記録が出る可能性は上がっていると思います。

CPU #2 05 6237MHz 75585
05-75585-katana.jpg
CPU #2 06 6226MHz 59240
06-59240katana.jpg

Cine11.5以上の重たい4C8T Benchでの検証はすでに
HWBOTに上がっています。+30~+50MHzだそうです。
ttp://forum.hwbot.org/showthread.php?t=144109
ttp://forum.hwbot.org/showthread.php?t=144316

System
CPU:6700K(L520B710/M5) 
M/B:#1 M8H(0024)
CPU Cooling: LN2
V-TEC ARC Bed Rev.3.3 by Vigor
Memory:F4-3200C15Q-16GRKD(4x4G) 
VGA:MSI GTX 980 Ti Gaming
SSD:M4 128G(Boot Drive)
WD360ADFD(data & system backup)
Power Supply: TPQ-1200(Antec) & Seasonic SS-1250XM(980Ti)
OS:Win 7 x64
グリス:Thermal Grizzly Kryonaut(くまさんグリス)

感想
1) 悪くない。今後、これを使用することになりそうです。
2) 定番グリスになると思いますが、入手性が良くない。
  →地元のshopにも入いる予定です(交渉済み)
3) 価格はちょいと高め。。。お徳用(大容量版)がほしいところ。

6700K #1 #2 #3 #4.......

6700K
#1 L519B826/M5(VID 1.280V)
#2 L520B710/M5(VID 1.280V)
----------------------------------------------------
#3 L519B744/M5 (VID 1.280V)
#4 L531B223/M5 (VID 1.264V)
#5 L531B223/M5 (VID 1.248V)
#6 L537B156/M5 (VID 1.264V)
---------------------------------------------------
#7 L603F609/M6 (VID 1.280V)
#8 L604F405/M6 (VID 1.264V)
#9 L603F526/M6 (VID 1.312V)
#10 X612C218/U6 (VID 1.264V)

空冷耐性
XTU
#1 4.58G Vcore1.245V(室温25.5~26.0℃,not delidded)
#2 4.50G Vcore1.260V(室温25.5~26.0℃,not delidded)
#3 4.50G Vcore1.245V(室温23.0~23.5℃,not delidded)
#4 4.50G Vcore1.245V(室温23.0~23.5℃,not delidded)
#5 4.50G Vcore1.230V(室温23.0~23.5℃,not delidded)
#6 4.50G Vcore1.240V(室温22.0~22.5℃,not delidded)

CPU-Z Vcore1.264V/LLC4 4C8T(XP x64,not delidded)

#1 4845(1C1T 4864, 2C2T 4864, 4C4T 4864)

XTU5.85G(Vcore1.62V),C11.5/6050,C15/6000,Pfast6450
WP32/6035 WP1024/6000,HWBOT Prime/6100 Geek3/6036
01/6200,05 & 03/6125

#2 4804(1C1T 4965, 2C2T 4864, 4C4T 4804)

XTU??, HWBOT Prime6.4G
Pfast6550 WP32/6238 WP1024/6200 Geek3/6295
05/6400 01/6400(980Ti test runのみ)

06 6314(GPU)-6227(CPU) Vcore1.815V Deep Freezeでblue out
→そのまま、死亡。。。(2015.10.10)
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
#3 4864(1C1T 4965, 2C2T 4933, 4C4T 4864)

2015.10.10
not delidded:CB-175℃ CBB-165℃ HWBOT Prime Vcore1.615V 5950MHz
1C1T-2C2T-4C4T-4C8T:CPU-Z Vcore1.635V 6056MHz(電圧-温度に全く反応せず)
Vcore-PLL Standby(PLL Termination)にも温度にも反応せず。
PLL Standby(PLL Termination)は1.50Vが限界で1.60では起動中にハング(笑
#3はnot deliddedとはいえ、全く伸びない石でした。

2015.10.10
#4 4864(1C1T 4901, 2C2T 4901, 4C4T 4864)

not delidded:CB-164℃ CBB-161℃ Vcore1.72~1.785V
-161℃ 4C8T CPU-Z 6412MHz, 4C4T CPU-Z 6422MHz。。。微妙
Vcore-PLL Standby(PLL Termination)に反応せず?
一度-180℃に下げているので、core-CPUヒートスプレッダ間のグリスは
クラックしているはずです。
ですが↓↓↓
Standby1.60V -158℃ 6300MHzに設定できるが、-162℃でfreeze
Standby1.20V -158℃ 6300MHzに設定できるが、-162℃でfreeze
Standby1.20V -156℃ 6125MHzだと-181℃まで冷やせマス???
殻割りしても、先はなさそう??? 途中までは廻りそうな雰囲気が
あるのですが。。。CPUソケットが微妙変形?pin汚れ??板を変えてみるか???
Cold bugにしては、ちょいと変な感じがしています。

やはり、そこそこ廻りました。
delidded and swap TIM and sanded
XTU 6.1G Score2111
sanded-2.jpg
not deliddedの場合、binは無負荷のCPU-Zのみが安全かも(笑
Vcore1.70-1.75V Standby PLL1.20~1.45V and 1.60V~
4C8T-4C4T-2C2T-1C1T:LN2 3L~4Lで十分と思います!

#5 4900(1C1T 4933, 2C2T 4933, 4C4T 4900)

XTU 6060MHz(1.755V) CPU-Z:1.74V 4C8T 6293MHz CB-162℃
冷症で全く伸びず Geek3:6.2G 不可
Standby PLL1.35起動→1.45Vにupしないと6.0Gにも設定不可な石
Internal PLL1.65V, CPU PLL1.65V

空冷検証用

#6 4845(1C1T 4900, 2C2T 4900, 4C4T 4864)

not delidded
CPU-Z:1.84V 4C8T 6464MHz CB-173℃? CBB-163℃
Standby PLL1.35起動 OS上で1.45~1.60Vにup 
CPU PLL1.80V

Standby PLL1.60~1.70V, CPU PLL1.8125V PCH 1.2125V
DMI: 1.41(2D)~1.70V(3D) ,Core PLL: 2.2~2.4V PLL-Bandwidth: Level 6(固定)
Cold bug 4C8T(-178~186℃) CBB -163℃

XTU6270MHz, HWBOT Prime 6480MJHz辺り?
WP32 6400 Geek3:6417MHz GPUPI for CPU:6450MHz
C11.5 & C15:6400MHz
05 & 03:6535MHz 01:6500~6550MHz(980Ti test runのみ)
ま、しかし、完走直後に固まる(cold bug)~PCI-Eのcold bug(out put信号の途絶)
が不定期に出現したり、slow downしたり、なかなか『楽しい石』でした。

#7 4864(1C1T 4948, 2C2T 4940, 4C4T 4864) 室温24.0℃

delidded
CBB -176℃ CB(-) Standby PLL1.60 CPU PLL 1.85V
DMI: 1.51(2D) PLL-Bandwidth: Level 6
XTU6120MHz(1.855V) HWBOT Prime6400MHz Geek3 6360MHz
Cine11.5 6363MHz Cine15 6312MHz
Pf 6612MHz(2C2T) HWBOT Prime 4C4T 6512MHz

#8 4900(1C1T 5035, 2C2T 4933, 4C4T 4923) 室温24.5℃

delidded
CBB -126℃ CB-144~-150℃ Standby PLL1.20~1.50V CPU Core PLL:1.80~2.10V
CPU nternal PLL: Auto~1.60~1.85V PLL Bandwidth:Level4~8 DMI Voltage:1.51V

4C8T -150℃ 102x63=6426MHzが設定限界(CPU-Z)
4C4T -162℃ 141x46=6486(Pf:6440MHz)
3C3T -166℃ 141x46=6486(Pf:6440MHz)
2C2T -172℃ 143x46=6578(CPU-Z)
1C1T -189℃ 141.25x48=6780(Pf:6719MHz)
以上、core #0だけまともな石でした。(Bclockを上げて廻す必要あり)

#9 4785(1C1T 5050, 2C2T 4900, 3C6T 4882, 4C4T 4800) 室温26.0℃
core 3が良くないですが、core0-1-2は、OK, IMCもまずまず。
Pf 6709MHz 9.48s(1C1T) 03:6477 MHz(3C3T) 288060
Cine15:6200MHz Cine11.56212MHzでした。。。やっぱjunk

#10 4944(1C1T 5035, 2C2T 5000, 4C4T 4964) 室温25.0℃ VID:1.264V

delidded
CBB -179℃ CB(-) Standby PLL1.60 CPU PLL 1.80V
DMI: 1.65(2D) 1.72V(3D) PLL-Bandwidth: Level 6
L3 6100MHz不可(6050-6060MHz程度/1.920V)

XTU6200MHz(1.915V) HWBOT Prime6412MHz Geek3 6376MHz
Cine11.5 6350MHz Cine15 6342MHz
Pf 6630MHz(2C2T/6700MHz設定不可) 05-03-01 4C4T 6490~6500MHz
悪くはない。3Dでcold bugがないので非常に扱いやすい。

delidded 6100(VID 1.186V)
CBB-174℃ CB(-)
HWBOT Prime 6153MHz(2.112V) Cine15 6100MHz不可にて終了。
---------------------------------------------------------------------------------------------
#2(delidded):HWBOT Prime(4C8T)で検証開始。
冷やして伸びそうなchipだったのでLN2 18Lすべて使用。(#3は冷やさず)

temp:-161±5℃
HWBOT Prime(4C8T)→Pifast(1C1T)→WP32m(4C8T)
→WP1024m(4C8T)→Geekbench3(4C8T)
Geek3の3回目の途中でクラック→ハング→blue out
ま、memoryが遅いのに、CPU powerのみでscoreを上げようと
tempを下げ過ぎたのが原因です。

HWBOT Prime 6408MHz 7613.32
7613.32-katana.jpg
Vcore1.880~1.904V 6420~6438MHzで廻っているのですが、cold slow bug
でscoreは下がるばかり。。。何回か再起動、Vcore upで対応しましたが
この現象が出現すると、結構やっかいかも。
くまさんグリスでこの挙動が改善できることが期待されるので、楽しみです。

pifast(1C1T) 6566MHz 9.70s
pf-9.70-katana.jpg

Geekbench3(4C8T) 6292MHz 26256
g3-26256-katana.jpg
この後、6320MHzのちょうど半分経過した辺りでクラック音とともにハング→blue out

クラック後は、かる~くtest
temp:-178±5℃
05→AQ→06→cine11.5→cine15→GPUPI for CPU(1B)

Cine15 6138MHz 1353
c15-1353-katana.jpg

GPUPI for CPU(1B) 6241MHz 4m12.272s
gpupi-4.12.272-katana.jpg
クラック後はFull potでもOKですが、benchが落ちるとLN2の消費が増える
だけなので、せいぜい1/3程度で廻しています。
重たいbenchほど廻らなくなりますし、best scoreも出なくなります。

今ひとつ艶がないですね~。。。scoreを知らずに耐性だけを
記録していたので(笑

今回の印象は『retail chipでもそこそこ、廻る』
ま、しかし、ES選別品には、なかなか届きませんし
早期から無理もできませぬ(爆

System
CPU:6700K(L519B826/M5 & L520B710/M5) 
M/B:#1 M8H(0024)
CPU Cooling: Air cooling(temp25.5℃) & LN2
V-TEC ARC Bed Rev.3.3 by Vigor
Memory:F4-3200C15Q-16GRKD(4x4G) 
VGA:GT520 & MSI GTX 980 Ti Gaming
SSD:M4 64G & 128G ,Toshiba 128G(Boot Drive)
WD360ADFD(data & system backup)
Power Supply: TPQ-1200(Antec) & Seasonic SS-1250XM(980Ti)
OS:WinXP x86,x64 & Win 7 x86,x64
グリス:GC-Extreme

感想
1) #1 #2とも悪くはなかったです。空冷-極冷ともに!
2) 空冷 殻割りで10-12℃低下(GC-Extreme)...くまさんグリスは未検証
3) うまく廻せばGC-Extremでも、そこそこ廻せます。
4) 次回は、くまさんグリスを使用予定。『今後主流になるのでは』との噂