So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

#8 #9 6700Kでジタバタ

いつもの空冷test:Vcore 1.264V CPU-Zのみ
#8 4900(1C1T 5035, 2C2T 4933, 4C4T 4923) VID1.264V 室温24.5℃

102.33x44=4500MHz(L3:4.5G)
1.216V 05と06 & 1.232V Geek3でscore確認

*今回は難しくて、カミソリ刃2枚消費(笑
delidded and swap TIM
室温24.5℃/湿度78%
M/BとDDR4はツユ仕様(ワセリン+ティッシュ+キッチンペーパータオル)
ま、湿度65%までは、ワセリンなしでやっています。

1) 突沸を越えないHasfailのような石(~-140℃)は湿度60%以上
で、ワセリン処理(必要最低限に)が無難!
2) ドライアイス領域だと湿度55%以上は何らかの処理が必要と思います。

1回 LN2 10~20L 2h(お絵かき),5-6h(CPU Bench)程度ですが
結露でM/BやCPUが吹っ飛んだ記憶はありません。
ワセリンやグリスの拭き取りは100円ショップのジッポー用オイルを使用しています。

温度変化が激しいガストーッチは、使用していません。
これが有効なのは
1) セラミックグリスや堅めのグリス。
2)突沸を越えないタイプの石の時と絵板のcold bug回避(GT-CT間)と温度control。
 理由は、各自よ~く考えてみて下さいませ。
 
4C8T
いつもの、検証設定
Standby PLL1.60 CPU PLL 1.80~1.85V
DMI: 1.51(2D) PLL-Bandwidth: Level 6でstart
101x59までしか設定不可能。しかも、-144℃辺りで固まります。。。orz

CBB -126℃ CB-144~-150℃
Standby PLL1.20~1.50V CPU Core PLL:1.80~2.10V
CPU nternal PLL: Auto~1.60~1.85V PLL Bandwidth:Level4~8
DMI Voltage:1.51V

4C8T -150℃ 102x63=6426MHzが設定限界(CPU-Z)
4C4T -162℃ 141x46=6486(Pf:6440MHz)
3C3T -166℃ 141x46=6486(Pf:6440MHz)
2C2T -172℃ 143x46=6578(CPU-Z)
1C1T -189℃ 141.25x48=6780(Pf:6719MHz)
以上、core #0だけまともな?石でした。(Bclockを上げて廻す必要あり)

最適設定
HT off→Core数↓→Bclock↑でCBが改善
Bclock133以上でstandby1.60V以上が可能→CBがさらに改善

Standby PLL1.6325V CPU Core PLL:2.10V
CPU internal PLL: 1.85V PLL Bandwidth:Level6 DMI Voltage:1.51V

1C1TのみCBB-166℃ CB(-)で廻す事が可能でした。
pf-9.47-katana.jpg
-------------------------------------------------------------------------------------------------
空冷test:Vcore 1.264V CPU-Zのみ 室温26.0℃
#9 4785(1C1T 5050, 2C2T 4900, 3C6T 4882, 4C4T 4800) VID1.312V
core 3が良くないですが、core0-1-2は、OK, IMCもまずまず。
Pf 6709MHz 9.48s(1C1T) 03:6477 MHz(3C3T) 288060
Cine15:6200MHz Cine11.5:6212MHzでした。。。やっぱjunk
03-288060-6.477g.jpg

System
CPU:6700K(L604F405/M6 & L603F526/M6) 
M/B:#3 M8H(0040)
CPU Cooling: MAXXNEO & LN2
V-TEC ARC Bed Rev.3.3 by Vigor
Memory:F4-3600C17D-16GTZ,F4-3866C18D-8GTZ
VGA:GT520
SSD:SanDisk 128G & M4 64G
WD360ADFD(data & system backup)
Power Supply:Seasonic SS-1250XM
OS:WinXP x86 & Win10 x64
グリス:Kryonaut(くまさんグリス)

感想
1) 面白い石を経験しました。(core#0が良くなければ30min終了な石)
2) CBBが高くてもドライヤーの使用は、必要最低限です。
  突沸越えの石の場合ちゃんと理由があって、そうしています。(火気厳禁)
3)skylakeの場合、暖気は起動確認のみが良いです!(理由あり)
  これも、時間があったら一度良く考えてみて下さいませ。
4) 教材?としては、非常に良い石でした。
5) ま、私にとっては**石(常用石)でした。チクショ~(笑

DDR4のmemory setting(timing)と各種bench(基準値)

最近は、環境整備とbench OSの調整をしています。

Win7 x64でのsetting:MAXMEM=3000
win7x64-b die-setting.jpg
MAXMEM=2100まで絞ると、更に安定しますが、若干scoreは低下します。(Geek3)
WIN8 8.1 10 x64はWin7ほどではありませんが、MAXMEM=3000~2500程度で
Benchで使用可能です。
*11のPT/CTやVantageの調整は、未定です。(Vantageはwin7 32bitでOK)
* GPUPI for CPU 1BはmemoryはゆるゆるでOK

03 6700K 4.5G B-die
03-4.5g-214476.JPG

AQ3 6700K 4.5G B-die
aq3-4.5g-437857.jpg
12-12-12でも、ほぼ同じ

05 6700K 4.5G B-die
05-4.5g-57843.jpg
E-die 4Gx4より、ほんのり速いです。

06 6700K E-dieとB-dieで著変なし
06-4.5g-45596.jpg

Cine15(Cine11.5も同じ) 6700K 4.5G B-die OS:Win10 x64
c15-b-4.5g-1021.png
12-12-12≒12-11-11でした。

Geek3 6700K E-die 4Gx4
geek3-4.5g-20447.png
XTUもそうですが、E-die 4Gx4の方が安定して
良いScoreが出ています。
104.66x60=6279MHZ(L3 6175MHz) 2185
xtu-2185-katana.jpg
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
基準値
6700K:4.5G(102.33x44),L3 4.5G) GPU:980ti

AQ3:Win8.1 x64 :433500~437000(B-die 2枚)
01:WinXP x64 :160.75x28(CPU 4.5G/L34.5G)のscoreは139800±200
03:WinXP x64 :214100±200(E-die 4枚)
05:Win8.1 x64 :57650~57800(B-die 2枚)
06:Win8.1 x64 :45450~45600(B-die 2枚)
* Legacy 3DMark(Free Keys)
ttp://forum.hwbot.org/showthread.php?t=137126

Cine11.5:Win10 x64 :11.05±0.04(B-die 2枚)
Cine15:Win10 x64 :1016±5(B-die 2枚)
Geek3:Win10 x64:20300~20450(E-die 4枚)
XTU:Win10 x86:1616±5(E-die 4枚)
HWBOTPrime:Win10 x64:6900~6920(JAVA 9 106)
ttp://forum.hwbot.org/showthread.php?t=153956
------------------------------------------------------------------------------------------------
感想
1) E-die 4枚 or B-die 2枚
  両方有った方が良いけど、大差なし。
2) しばらくは、OSのチューニングのみ。

6100 & 6700K(#7)

を購入、冷やしてみました。
6100
空冷検証(24℃) VID:1.186V
6100のIMCはあまり良くなくて、6320や6700Kの1段階下でないと
起動できませんでした。

delidded 6100
LN2 150x37=5550MHz
-156℃ Vcore1.885V
CPU CLL1.80 Standby PLL1.60V DMI1.45V PLL-Bandwidth: Level 6
LLC Level6 IO/AS=1.20V/1.25Vで起動

OS上で-188℃ 1.956V 157x37=5807MHzまで設定可能でした。
各種電圧の最適値をさがし、起動電圧を
CPU PLL 1.865V Standby PLL1.65V DMI1.45Vに変更
-171~-173℃(-174~-176℃がCBB) 160x37=5920MHzで起動
OS上でVcore2.112V 166.3x37=6153MzまでHWBOT PrimeがOKでした。
1643729.png
Cine15は6100MHzでも不可能なので深追いせず撤収。

残りのLN2で久々に購入した6700K(L603F609/VID1.280V)を冷やしてみました。
CBB -176℃ CBなし(2D) Standby PLL1.60 CPU PLL 1.85V
DMI: 1.51(2D) PLL-Bandwidth: Level 6
XTU6120MHz(1.855V) HWBOT Prime6400MHz Geek3 6360MHz
Cine11.5 6363MHz Cine15 6312MHz
Pf 6612MHz 9.56(2C2T) HWBOT Prime 4C4T 6512MHz
3Dはtestしていませんが、6.5G辺りか?
ま、エースを越える事はなさそうでした。

System
CPU:6100 & 6700K(L603F609/M6) 
M/B:#2 & #3 M8H(0018 & 0040)
CPU Cooling: MAXXNEO & LN2
V-TEC ARC Bed Rev.3.3 by Vigor
Memory:F4-3600C17D-16GTZ(8Gx2) 
VGA:GT520
SSD:SanDisk 128G & M4 64G
WD360ADFD(data & system backup)
Power Supply:Seasonic SS-1250XM
OS:WinXP x86 & Win10 x64
グリス:Kryonaut(くまさんグリス)

感想
1) 6100は、6300MHz以上廻らないとpointになりませんね(笑
  ま、多分、これが最初で最後。
2) 6700Kはそこそこ廻りましたが、3Dの予備(6.50~6.52G)として
  使えそうでした。
3) 1080は購入の予定なし。(今のところBenchは980Tiで十分)

DDR4

を検証中です。
CPUは倍率 X39 2C4Tなi3 6320と2D専用な6700Kです。
6320
Bclock限界:102.66MHz
当たりCPUでも103MHz位らしい。。。
各種電圧 温度に全く反応せず→CPU依存(blocked by Intel)

XTU
6320-xtu-737.png
Geek3
6320-geek3-10176-katana.jpg
-------------------------------------------------------------------------------------
MFR:4Gx4
F4-3200C15Q-16GRKD

Vmem1.425~1.435V 1650MHz
13~14-(15-15)-28-260~270-1T
6-4-278-12-6-16-6-6-6-4-2-13(A)
6-4-9(A)-9(A)-6-4-A-------A
8~12 1

感想
4枚とも良く選別されていました。ほぼ同じ耐性。
なので4枚挿しで、非常に安定していました。
X99~で使用予定。
---------------------------------------------------------------------------------
SAM D 4Gx4
F4-3600C17Q-16GVK

4Gx4 Vmem1.60V 1700MHz...これならMFRの方が速い
13~14-18-18-28-1T:空冷ではCL12不可
6-4-278-12-6-16-6-6-6-4-2-13(A)
6-4-9(A)-9(A)-6-4-A-------A
8~24

4Gx2 Vmem1.60~1.66V
14~13(12不可)-18-18-28-1T 1845MHz程度
残り2枚はこの設定で起動不可。。。

感想:
ヒートスプレッダの作りが悪く、Vmemを上げれません。(室温22℃)
chipとヒートスプレッダの接触が悪く、ほとんど接触していませぬ。
ちなみに、ヒートスプレッダはペラペラな薄いアルミ板一枚です。
冷やす場合は、簡単で良いかも。-30℃程度でOKでした。
冷やすとVmemもちゃんと入りました。
競技用(2D)では、選択しない方が無難(ヒートスプレッダ交換が必須)
ま、常用には十分と思います。
---------------------------------------------------------------------------------------
SAM E (4Gx2)x2
F4-3866C18D-8GTZ

1866MHz(4Gx4 すんなり起動)
11-18-18-28-1T
6-4-260-16500-12-6-6-3-4-2-1-13(9)
5-4-6(10)-6(10)-5-4-A----(7-7-8-8)---A---87-57
DRAM CLK Period [8](12)
DLLBwEn [1]
49

#1 1920MHz(4Gx2 すんなり起動/4Gx4 起動しにくい)
12-18-18-28-1T
12-8-270-12-6-16-6-6-4-4-2-13(A)
7-4-7(A)-7(A)-7-4-A----(7-7)---A
24-3

#2 1920MHz(4Gx4 すんなり起動)
12-18-18-28-1T
12-8-270-12-6-16-6-6-4-4-2-13
7-4-8-8-7-4-A---(7-7)----A
24-3
56-59

* #2のM8Hは#1のように詰める事ができませんでした。(少し遅い)
* speedはGeek3のmemory scoreで検証(簡単なので)

SAM B (8Gx2)x2
F4-3600C17D-16GTZ(耐性は4枚ともほぼ同じ)
* 32bit OS限定(64bit OS:今のところ競技用の設定では不安定!)

1866MHz 8Gx2 Vmem1.820V
12-12-12-28-1T
6-4-220-15500-12-6-6-3-5-3-1-13(11)
5-4-7(9)-7(9)-5-4-A--------7-7-------A
DRAM CLK Period [12]
DLLBwEn [1]
47-45

1920MHz 8Gx2 Vmem1.840V
12-12-12-28-1T
6-4-228-65000-12-6-16-6-6-4-4-13(9)
6-4-8(12)-8(12)-6-4-A--------7-7-------A
DRAM CLK Period [14]
DLLBwEn [1]
51

1866MHz 8Gx2 Vmem2.000V
11-11-11-28-1T
6-4-220-15500-12-6-6-3-5-3-1-13
5-4-6-6-5-4-A--------7-7-------A
DRAM CLK Period [12]
DLLBwEn [1]
47

1866MHz 8Gx4 Vmem1.820V
12-12-12-28-2T
6-4-220-15500-12-6-6-3-5-3-1-13(11)
5-4-7(9)-7(9)-5-4-A--------7-7-------A
DRAM CLK Period [12]
DLLBwEn [1]
47

1866MHz 8Gx4 Vmem1.985V
11-11-11-28-2T
6-4-186-15500-12-6-6-3-5-2-1-13(11)
5-4-6(9)-6(9)-5-4-A--------7-7-------A
DRAM CLK Period [12]
DLLBwEn [1]
47-49

6320 8Gx4 1848MHz 12-12-12-220-2T
739-b-die-2t.jpg

6320 8Gx2 1915MHz 12-12-12-228-1T
6320-739-1t-1917.jpg
2枚挿しだと、E-dieの4枚挿しの方が、速いです。
B-dieは1933~2000MHzの範囲 and 1T廻ってくれれば2枚挿しでOKな計算になります。
2Tの4枚挿しだと、E-dieの4枚挿しと、ほぼ同じ。。。ま、memory speedは、すでに十分で
あとは、internal clock(and L3)に依存→現状M8H?bios0040??の限界と思われます。
総合的には、すべてのbenchでE-die 4gx4が速くて安定しているのでお勧めです!

感想:
ヒートスプレッダの作りは悪くない。
空冷でもVmemは、ちゃんと入りました。
競技用では非常に良い選択と思います。
3D用でも1800MHz~/14-18-18-28-278-1Tで
かる~く使用可能でした。
常用には、ちょいと過剰品質かも。
--------------------------------------------------------------------------------
OSの検証もほぼ終了しました。
Win10(x64 Pro and Enterprise)
Win8.0 Pro x64 and Win8.1 Pro x64

nvidiaのdriverの成熟過程でbenchによって
変更せざるおえなくなりました。
3D(Old bench)
AQ3:Win7 x64 x86≒Win10/8.1 x64
01-03:XP x64
05:8.1 x64〉8.0 x64〉7x64
06:8.1 x64〉Win7 x64( 一部:XP x64)

2D
Superπ-Pifast-WP32-WP1024:XP x86
XTU:Win10 x86〉Win10 x64〉Win8.1 x64〉Win7 x64
Geek3:Win8.0 x64〉Win10 x64=Win8.1〉Win7 x64
Cine15:Win10 x64(Enterprise)≒Win7 x64
Cine11.5:Win10 x64(Enterprise)≒Win7 x64
GPUPI for CPU - 1B:Win7 x64(10/8.1は未検証)/OpenCL1.2のverに依存(?)
HWBOT Prime:XP x64≒Win7 x64
*JAVAのver(OS依存)とinstalの順番に依存・・・速いOSをbackupしておく必要有り
→速いOSのJAVAを入れ直しただけで、遅くなり、二度とモトに戻らなくなる(XP x64のみ)

最後に6700KのSSを3枚
XTU 1607→1609→1611→1611→1613(100x45):10程度はバラツキがありそう。
6700k-4.5g-1615.jpg
何故か、奇数ばかり。。。

Geek3(44x102.3)win10 x64:70-100くらいバラツキがありそうです。
6700k-geek3-4.5g.jpg
Geek3(44x102.3)win8.0 x64
6700k-geek3-4.5g-20426.jpg

bios setting:6320
Ai Overclock Tuner [Manual]
BCLK Frequency [102.70]
ASUS MultiCore Enhancement [Auto]
CPU Core Ratio [Sync All Cores]
1-Core Ratio Limit [39]
2-Core Ratio Limit [39]
DRAM Odd Ratio Mode [Enabled]
DRAM Frequency [DDR4-3834MHz]
Xtreme Tweaking [Enabled]
TPU [Keep Current Settings]
EPU Power Saving Mode [Disabled]
CPU SVID Support [Disabled]
CPU Core/Cache Current Limit Max. [255.50]
Min. CPU Cache Ratio [39]
Max CPU Cache Ratio [39]
CPU Core/Cache Voltage [Manual Mode]
CPU Core Voltage Override [1.150]
DRAM Voltage [1.9350]
CPU VCCIO Voltage [1.12500]
CPU System Agent Voltage [1.25000]
PCH Core Voltage [Auto]
CPU Standby Voltage [Auto]

Initial BCLK Frequency [Auto]
BCLK Amplitude [Auto]
BCLK Slew Rate [Auto]
BCLK Spread Spectrum [Disabled]
BCLK Frequency Slew Rate [Auto]
DRAM VTT Voltage [Auto]
VPPDDR Voltage [Auto]
DMI Voltage [Auto]
Core PLL Voltage [Auto]
Internal PLL Voltage [Auto]
PLL Bandwidth [Auto]
Eventual DRAM Voltage [Auto]
Eventual CPU Standby Voltage [Auto]
--------------------------------------------
Maximus Tweak [Mode 2]
DRAM CAS# Latency [12]
DRAM RAS# to CAS# Delay [18]
DRAM RAS# ACT Time [28]
DRAM Command Rate [1]

DRAM RAS# to RAS# Delay L [12]
DRAM RAS# to RAS# Delay S [8]
DRAM REF Cycle Time [278]
DRAM Refresh Interval [15500]
DRAM WRITE Recovery Time [12]
DRAM READ to PRE Time [6]
DRAM FOUR ACT WIN Time [16]
DRAM WRITE to READ Delay [6]
DRAM WRITE to READ Delay L [6]
DRAM WRITE to READ Delay S [4]
DRAM CKE Minimum Pulse Width [4]
DRAM Write Latency [13]

tRDRD_sg [7]
tRDRD_dg [4]
tRDWR_sg [8]
tRDWR_dg [8]
tWRWR_sg [7]
tWRWR_dg [4]
tWRRD_sg [Auto]
tWRRD_dg [Auto]
tRDRD_dr [Auto]
tRDRD_dd [Auto]
tRDWR_dr [Auto]
tRDWR_dd [Auto]
tWRWR_dr [7]
tWRWR_dd [7]
tWRRD_dr [Auto]
tWRRD_dd [Auto]
TWRPRE [Auto]
TRDPRE [Auto]
tREFIX9 [Auto]
OREF_RI [Auto]
----------------------------------------------
MRC Fast Boot [Enabled]
DRAM CLK Period [24]
Memory Scrambler [Enabled]
Channel A DIMM Control [Enable both DIMMs]
Channel B DIMM Control [Enable both DIMMs]
MCH Full Check [Disabled]
DLLBwEn [3]
DRAM SPD Write [Disabled]
XTU Setting [Auto]
----------------------------------------------
CHA IO_Latency_offset [Auto]
CHB IO_Latency_offset [Auto]
CHA RFR delay [Auto]
CHB RFR delay [Auto]
----------------------------------------------
CPU Load-line Calibration [Level 4]
CPU Current Capability [140%]
CPU VRM Switching Frequency [Manual]
Fixed CPU VRM Switching Frequency(KHz) [500]
CPU Power Duty Control [Extreme]
CPU Power Phase Control [Extreme]
CPU Power Thermal Control [131]
DRAM Current Capability [130%]
DRAM Power Phase Control [Extreme]
DRAM Switching Frequency [Manual]
Fixed DRAM Switching Frequency(KHz) [500]
----------------------------------------------
CPU Core/Cache Boot Voltage [Auto]
DMI Boot Voltage [Auto]
Core PLL Boot Voltage [Auto]
CPU System Agent Boot Voltage [Auto]
CPU VCCIO Boot Voltage [Auto]
Intel(R) SpeedStep(tm) [Disabled]
Long Duration Package Power Limit [4095]
Package Power Time Window [Auto]
Short Duration Package Power Limit [4095]
IA AC Load Line [Auto]
IA DC Load Line [Auto]

System
CPU:6320 and 6700K 
M/B:#2 M8H(0040 & 0024)
CPU Cooling: air cooling and mem on LN2(-30~-50℃)
V-TEC ARC Bed Rev.3.3 by Vigor
Memory:MFR and SAMSUNG D-die and E-die
VGA:MSI GTX980 Ti Gaming,GTX580 and GT520
SSD:M4 128G(Boot Drive)
WD360ADFD(data & system backup)
Power Supply: TPQ-1200(Antec) & Seasonic SS-1250XM(980Ti)
グリス:ホワイトグリス

感想
1) 環境整備中ですが、なかなか楽しかったです。
2) 今後の使用パーツの検証が、ほぼ終了しました。
3) Score競争をしてる時と違った面白さがありました。
4) Win10...競技用(stand-alone)には良いかも!
....Internetに簡単に繋がりすぎるので、常用には注意が必要かも!
....不必要なdriver類が勝手にinstされたりします。
....Biosの年・月日・時刻設定がOSに反映されず、OSでの設定がbiosに反映される。
5) Win10-XTUやWin8.1-06/05はTurbo Vcoreと相性が悪い(遅くなる)
....ま、解決済みです。
6) DDR4はIC chip数が多い方が、やはり速いです!
7) B-dieは期待したほどではありませんでした。biosの成熟で化ける可能性vあり。

SkylakeのCold bug

最近、Cold bugに悩んでいます(笑
Cold boot bugは起動さえすれば、-161~-164℃と、ほぼ変動なし。
#3 #4を廻してみて、CBが-161℃前後で、たまに冷やせる時は、-181℃までOK
なのに、-158℃起動のとき、00 or 55や41でstopしたりします。

《症状のまとめ》
1) 00 石死亡-板死亡(内部断線を含む)-板のbios死亡-たまに高めの温度で出現するCB
2) 55 DDR4死亡~耐性低下~memory slotの接触不良-slot死亡
  およびMICのcold bug-CPU端子の接触不良
3) 41 CPUソケットpin-CPU端子の接触不良:汚れやpin曲がりおよびソケットの変形

石の死亡:めったにない
板のbios:Asus板では、ほとんど飛ばない
端子の接触不良:良く起こる
CPUソケットの微かな変形に伴う端子接触不良:板を使い込むと生じる」が
徐々に症状が出現するので、原因が分かりにくい事が多い!!  

板-DDR4-VGA-電源-ケーブル類をチェックしましたが、問題なし?
で、空冷で何度かtestしているうちに、同じような症状が出現。
CPUソケットをオイル(ジッポー)で洗浄、pinを確認して再度test
→強く圧着させると、55で起動不可→少し緩めると起動
→目いっぱい強く圧着すると起動。。。何だこれ、な状況

CPUソケットの変形に伴う端子の接触不良の可能性が高い。

で、予備の#2 M8H(新品)に変更してみました。
念のため、Hasfailで使用していたM/Bの裏板を堅めの硬質ゴム
に変更しました。(押さえ込みに伴うM/Bの曲がりが生じにくい)

#3はやはりMAX clockが全然のびませぬ。。。こんな石もあるようです!

#4も再度冷やしてみましたが、同じ石とは思えないような廻り方でした。
Standard PLL 1.20V CPU PLL 1.80V 5.0G起動(100x50)
Full potで6.45G(CPU-Z)に設定しても固まりません。
6.2G程度なら4C8Tのほとんどの2D BenchはOKな感じでした。

Cine15 6259MHz 1384cb
1507114.jpg

System
CPU:6700K(L531B223/M5) 
M/B:#2 M8H(0024)
CPU Cooling: LN2
V-TEC ARC Bed Rev.3.3 by Vigor
Memory:F4-3200C15Q-16GRKD(4x4G) 
VGA:MSI GTX 980 Ti Gaming
SSD:M4 128G(Boot Drive)
WD360ADFD(data & system backup)
Power Supply: TPQ-1200(Antec) & Seasonic SS-1250XM(980Ti)
OS:Win 7 x64
グリス:Thermal Grizzly Kryonaut(くまさんグリス)

感想
1) M8Hだとstandard PLL 1.20~1.35Vと1.60~でtestする必要
  がありそうです。
2) #4が何とか廻ってくれて、良かった。。。
3) #1のM8Hが、空・水冷専用に。。。嬉しいような、悲しいような(笑
4) 4C4T以下はtestしていませんが、05の更新は無理か?

サーマルグリス:Thermal Grizzly Kryonaut

噂のグリスを購入してみました。

Thermal Grizzly Kryonaut:1.5ml (5.55g)
熱伝導率 12.5W/m・k 粘度 120~170pas
耐熱温度 -200℃~350℃
海外のOCerの間では、すでに定番化しつつあります。

成分割合等は、もちろん企業秘密でしょうし
仕様・test環境等の詳細は、不明ですが
そんなことは、ど~でもよい(爆

ま、しかし、LN2冷却(LHe)での性能はかなり良さそうです。
で、とりあえず使用してみました。
対照はGC-Extreme

空冷
1) やわらかくて、塗りやすい。
2) 性能は、GC-Extremeとほぼ同じか、多少良い
  もちろん常用耐性が変わるほどではありません。

LN2
1) GC-Extremeで廻ったところまでは、簡単にまわりました。
2) 軽いBench(05 06程度)では、GC-Extremeとほとんどかわりません。
3) 多少、クラックしにくいと思います。まだ、初回なので、何ともですが。
  クラックしてからも、GC-Extremeと同様の扱いでOKと思います。
4) 05x6 06x4 06の4回目にクラックしたようです。。。多分。
5) いつクラックしたか分かりにくい。(GC-Extremeは、わかりやすい)
6) クラックしてからの性能も、多少良さそうです。

01-03-05-06-AQ3
Chip限界が変わる事はないと思いますが
良い記録が出る可能性は上がっていると思います。

CPU #2 05 6237MHz 75585
05-75585-katana.jpg
CPU #2 06 6226MHz 59240
06-59240katana.jpg

Cine11.5以上の重たい4C8T Benchでの検証はすでに
HWBOTに上がっています。+30~+50MHzだそうです。
ttp://forum.hwbot.org/showthread.php?t=144109
ttp://forum.hwbot.org/showthread.php?t=144316

System
CPU:6700K(L520B710/M5) 
M/B:#1 M8H(0024)
CPU Cooling: LN2
V-TEC ARC Bed Rev.3.3 by Vigor
Memory:F4-3200C15Q-16GRKD(4x4G) 
VGA:MSI GTX 980 Ti Gaming
SSD:M4 128G(Boot Drive)
WD360ADFD(data & system backup)
Power Supply: TPQ-1200(Antec) & Seasonic SS-1250XM(980Ti)
OS:Win 7 x64
グリス:Thermal Grizzly Kryonaut(くまさんグリス)

感想
1) 悪くない。今後、これを使用することになりそうです。
2) 定番グリスになると思いますが、入手性が良くない。
  →地元のshopにも入いる予定です(交渉済み)
3) 価格はちょいと高め。。。お徳用(大容量版)がほしいところ。

6700K #1 #2 #3 #4.......

6700K
#1 L519B826/M5(VID 1.280V)
#2 L520B710/M5(VID 1.280V)
----------------------------------------------------
#3 L519B744/M5 (VID 1.280V)
#4 L531B223/M5 (VID 1.264V)
#5 L531B223/M5 (VID 1.248V)
#6 L537B156/M5 (VID 1.264V)
---------------------------------------------------
#7 L603F609/M6 (VID 1.280V)
#8 L604F405/M6 (VID 1.264V)
#9 L603F526/M6 (VID 1.312V)
#10 X612C218/U6 (VID 1.264V)

空冷耐性
XTU
#1 4.58G Vcore1.245V(室温25.5~26.0℃,not delidded)
#2 4.50G Vcore1.260V(室温25.5~26.0℃,not delidded)
#3 4.50G Vcore1.245V(室温23.0~23.5℃,not delidded)
#4 4.50G Vcore1.245V(室温23.0~23.5℃,not delidded)
#5 4.50G Vcore1.230V(室温23.0~23.5℃,not delidded)
#6 4.50G Vcore1.240V(室温22.0~22.5℃,not delidded)

CPU-Z Vcore1.264V/LLC4 4C8T(XP x64,not delidded)

#1 4845(1C1T 4864, 2C2T 4864, 4C4T 4864)

XTU5.85G(Vcore1.62V),C11.5/6050,C15/6000,Pfast6450
WP32/6035 WP1024/6000,HWBOT Prime/6100 Geek3/6036
01/6200,05 & 03/6125

#2 4804(1C1T 4965, 2C2T 4864, 4C4T 4804)

XTU??, HWBOT Prime6.4G
Pfast6550 WP32/6238 WP1024/6200 Geek3/6295
05/6400 01/6400(980Ti test runのみ)

06 6314(GPU)-6227(CPU) Vcore1.815V Deep Freezeでblue out
→そのまま、死亡。。。(2015.10.10)
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
#3 4864(1C1T 4965, 2C2T 4933, 4C4T 4864)

2015.10.10
not delidded:CB-175℃ CBB-165℃ HWBOT Prime Vcore1.615V 5950MHz
1C1T-2C2T-4C4T-4C8T:CPU-Z Vcore1.635V 6056MHz(電圧-温度に全く反応せず)
Vcore-PLL Standby(PLL Termination)にも温度にも反応せず。
PLL Standby(PLL Termination)は1.50Vが限界で1.60では起動中にハング(笑
#3はnot deliddedとはいえ、全く伸びない石でした。

2015.10.10
#4 4864(1C1T 4901, 2C2T 4901, 4C4T 4864)

not delidded:CB-164℃ CBB-161℃ Vcore1.72~1.785V
-161℃ 4C8T CPU-Z 6412MHz, 4C4T CPU-Z 6422MHz。。。微妙
Vcore-PLL Standby(PLL Termination)に反応せず?
一度-180℃に下げているので、core-CPUヒートスプレッダ間のグリスは
クラックしているはずです。
ですが↓↓↓
Standby1.60V -158℃ 6300MHzに設定できるが、-162℃でfreeze
Standby1.20V -158℃ 6300MHzに設定できるが、-162℃でfreeze
Standby1.20V -156℃ 6125MHzだと-181℃まで冷やせマス???
殻割りしても、先はなさそう??? 途中までは廻りそうな雰囲気が
あるのですが。。。CPUソケットが微妙変形?pin汚れ??板を変えてみるか???
Cold bugにしては、ちょいと変な感じがしています。

やはり、そこそこ廻りました。
delidded and swap TIM and sanded
XTU 6.1G Score2111
sanded-2.jpg
not deliddedの場合、binは無負荷のCPU-Zのみが安全かも(笑
Vcore1.70-1.75V Standby PLL1.20~1.45V and 1.60V~
4C8T-4C4T-2C2T-1C1T:LN2 3L~4Lで十分と思います!

#5 4900(1C1T 4933, 2C2T 4933, 4C4T 4900)

XTU 6060MHz(1.755V) CPU-Z:1.74V 4C8T 6293MHz CB-162℃
冷症で全く伸びず Geek3:6.2G 不可
Standby PLL1.35起動→1.45Vにupしないと6.0Gにも設定不可な石
Internal PLL1.65V, CPU PLL1.65V

空冷検証用

#6 4845(1C1T 4900, 2C2T 4900, 4C4T 4864)

not delidded
CPU-Z:1.84V 4C8T 6464MHz CB-173℃? CBB-163℃
Standby PLL1.35起動 OS上で1.45~1.60Vにup 
CPU PLL1.80V

Standby PLL1.60~1.70V, CPU PLL1.8125V PCH 1.2125V
DMI: 1.41(2D)~1.70V(3D) ,Core PLL: 2.2~2.4V PLL-Bandwidth: Level 6(固定)
Cold bug 4C8T(-178~186℃) CBB -163℃

XTU6270MHz, HWBOT Prime 6480MJHz辺り?
WP32 6400 Geek3:6417MHz GPUPI for CPU:6450MHz
C11.5 & C15:6400MHz
05 & 03:6535MHz 01:6500~6550MHz(980Ti test runのみ)
ま、しかし、完走直後に固まる(cold bug)~PCI-Eのcold bug(out put信号の途絶)
が不定期に出現したり、slow downしたり、なかなか『楽しい石』でした。

#7 4864(1C1T 4948, 2C2T 4940, 4C4T 4864) 室温24.0℃

delidded
CBB -176℃ CB(-) Standby PLL1.60 CPU PLL 1.85V
DMI: 1.51(2D) PLL-Bandwidth: Level 6
XTU6120MHz(1.855V) HWBOT Prime6400MHz Geek3 6360MHz
Cine11.5 6363MHz Cine15 6312MHz
Pf 6612MHz(2C2T) HWBOT Prime 4C4T 6512MHz

#8 4900(1C1T 5035, 2C2T 4933, 4C4T 4923) 室温24.5℃

delidded
CBB -126℃ CB-144~-150℃ Standby PLL1.20~1.50V CPU Core PLL:1.80~2.10V
CPU nternal PLL: Auto~1.60~1.85V PLL Bandwidth:Level4~8 DMI Voltage:1.51V

4C8T -150℃ 102x63=6426MHzが設定限界(CPU-Z)
4C4T -162℃ 141x46=6486(Pf:6440MHz)
3C3T -166℃ 141x46=6486(Pf:6440MHz)
2C2T -172℃ 143x46=6578(CPU-Z)
1C1T -189℃ 141.25x48=6780(Pf:6719MHz)
以上、core #0だけまともな石でした。(Bclockを上げて廻す必要あり)

#9 4785(1C1T 5050, 2C2T 4900, 3C6T 4882, 4C4T 4800) 室温26.0℃
core 3が良くないですが、core0-1-2は、OK, IMCもまずまず。
Pf 6709MHz 9.48s(1C1T) 03:6477 MHz(3C3T) 288060
Cine15:6200MHz Cine11.56212MHzでした。。。やっぱjunk

#10 4944(1C1T 5035, 2C2T 5000, 4C4T 4964) 室温25.0℃ VID:1.264V

delidded
CBB -179℃ CB(-) Standby PLL1.60 CPU PLL 1.80V
DMI: 1.65(2D) 1.72V(3D) PLL-Bandwidth: Level 6
L3 6100MHz不可(6050-6060MHz程度/1.920V)

XTU6200MHz(1.915V) HWBOT Prime6412MHz Geek3 6376MHz
Cine11.5 6350MHz Cine15 6342MHz
Pf 6630MHz(2C2T/6700MHz設定不可) 05-03-01 4C4T 6490~6500MHz
悪くはない。3Dでcold bugがないので非常に扱いやすい。

delidded 6100(VID 1.186V)
CBB-174℃ CB(-)
HWBOT Prime 6153MHz(2.112V) Cine15 6100MHz不可にて終了。
---------------------------------------------------------------------------------------------
#2(delidded):HWBOT Prime(4C8T)で検証開始。
冷やして伸びそうなchipだったのでLN2 18Lすべて使用。(#3は冷やさず)

temp:-161±5℃
HWBOT Prime(4C8T)→Pifast(1C1T)→WP32m(4C8T)
→WP1024m(4C8T)→Geekbench3(4C8T)
Geek3の3回目の途中でクラック→ハング→blue out
ま、memoryが遅いのに、CPU powerのみでscoreを上げようと
tempを下げ過ぎたのが原因です。

HWBOT Prime 6408MHz 7613.32
7613.32-katana.jpg
Vcore1.880~1.904V 6420~6438MHzで廻っているのですが、cold slow bug
でscoreは下がるばかり。。。何回か再起動、Vcore upで対応しましたが
この現象が出現すると、結構やっかいかも。
くまさんグリスでこの挙動が改善できることが期待されるので、楽しみです。

pifast(1C1T) 6566MHz 9.70s
pf-9.70-katana.jpg

Geekbench3(4C8T) 6292MHz 26256
g3-26256-katana.jpg
この後、6320MHzのちょうど半分経過した辺りでクラック音とともにハング→blue out

クラック後は、かる~くtest
temp:-178±5℃
05→AQ→06→cine11.5→cine15→GPUPI for CPU(1B)

Cine15 6138MHz 1353
c15-1353-katana.jpg

GPUPI for CPU(1B) 6241MHz 4m12.272s
gpupi-4.12.272-katana.jpg
クラック後はFull potでもOKですが、benchが落ちるとLN2の消費が増える
だけなので、せいぜい1/3程度で廻しています。
重たいbenchほど廻らなくなりますし、best scoreも出なくなります。

今ひとつ艶がないですね~。。。scoreを知らずに耐性だけを
記録していたので(笑

今回の印象は『retail chipでもそこそこ、廻る』
ま、しかし、ES選別品には、なかなか届きませんし
早期から無理もできませぬ(爆

System
CPU:6700K(L519B826/M5 & L520B710/M5) 
M/B:#1 M8H(0024)
CPU Cooling: Air cooling(temp25.5℃) & LN2
V-TEC ARC Bed Rev.3.3 by Vigor
Memory:F4-3200C15Q-16GRKD(4x4G) 
VGA:GT520 & MSI GTX 980 Ti Gaming
SSD:M4 64G & 128G ,Toshiba 128G(Boot Drive)
WD360ADFD(data & system backup)
Power Supply: TPQ-1200(Antec) & Seasonic SS-1250XM(980Ti)
OS:WinXP x86,x64 & Win 7 x86,x64
グリス:GC-Extreme

感想
1) #1 #2とも悪くはなかったです。空冷-極冷ともに!
2) 空冷 殻割りで10-12℃低下(GC-Extreme)...くまさんグリスは未検証
3) うまく廻せばGC-Extremでも、そこそこ廻せます。
4) 次回は、くまさんグリスを使用予定。『今後主流になるのでは』との噂

Z170 & 6700K

の検証をしていました。

MB:M8H
CPU:6700K L519B826/M5
DDR4:F4-3200C15Q-16GRKD(4x4G)

M8Hの初期biosは未確認。
起動後、すぐに、0024にUSB flash modeで書き換えました。
ttp://forum.hwbot.org/showthread.php?t=142991

それから、安っぽい?樹脂製のカバ~は養成の邪魔になるだけなので
開封後、すぐに取り除き、M8GやM8Rと同じ状態にしました(爆

とりあえず、Bench OS(Win7 x86, x64 XP x86 x64)の準備。
何れも、すんなり起動、2H程度で、OS環境が整いました。
新規のinstではなく、すべて、M7G-M8Gで使用していたものです。
ちなみに、XP x86はX58(チップセット)のころinstしたOSを、いまだに
引き継いでいます。

M8H:biosのstrage設定にIDE modeがありません(Bios0024)
なので、AHCIのみboot可能。
XPはIDEでinstしているので、ASMedia(SATA)からしかboot
できませんでした。USBはstrageは認識できませんでしたが、
マウス、キーボードは、driverなしで使用可能でした。

DDR4:F4-3200C15Q-16GRKD(4x4G 1.35V)
XMP設定で4枚挿しですんなり起動
1650MHz 15-(15-15)-28-1T-278 その他Auto Vmem1.40Vで
hyper_pi_0.99b 32mx8threadsが正常完走。
14-(15-15)-28-1T, 2nd-3rdを調整、Vmem1.45Vで
Pi_32M x2が正常完走する事を確認しました。

OC Panel1:R5E付属のものが、Firmware upしなくても
使用可能でした。(ROG Conect Plusをinstし直すだけ)

XPではchipset driver,MEI,USB3.X driver,AHCI driverをinst
できていませぬ。。。ま、benchは正常作動しているので
気にしない事にしました(笑

------------------------------------------------------
《やたら速いBench》
XTU:Win7 x64...Win10の方が速いです!
HWBOT Prime:Win7 x64 & XP x64 

《速いBench》
Pifast:XP x86
01:XP x64(GTX 980 Ti)
03:XP x64
06:Win7 x64(GTX 980 Ti) 〉WinXP x64(GTX 980 Ti) GPU依存
05:Win8 x64, Win8.1 x64 〉 win7 x64 (Vistaは?)
AQ:Win7 x86 or x64(GTX 980 Ti)
Heaven:Win7 x64
Geekbench3:Win7 x64
GPUPI for CPU-1B:Win7 x64

Haswellとほぼ同等なBench
Pi_32m:XP x86
-----------------------------------------------------
CBB -171℃ CB-175~-176℃
Benchの最適温度と最適Vcore: -171~-174℃ Vcore1.68~1.720V
CPU-Z 2C2T 6300MHz(Vcore1.715V)
HWBot Prime 4C8T:6000MHz
XTU:5500MHz
03:4C4T(#1 #3選択):6136MHzまで確認(Vcore 1.715V)

最後にSSを2枚

XTU(air cooling temp25.5℃)
xtu-1625.jpg
空冷の短時間負荷では、DCとほぼ同じ印象を受けました。

XTU(LN2): マス-161℃で+11℃ -171℃で0~+2℃
x-1785.jpg
完全にヒ-トスプレッダ下のTIMがクラックもしくは、極冷下で
機能低下を起こしています。
→Vcoreを入れられない状態になりました。
極冷下でもDCと同じ挙動でした。なのでTIMも
ほぼ同じ性質の物が使用されている事が推測されます。
良い石なら殻割り必須になりそうです。。。
ttp://forum.hwbot.org/showthread.php?t=142283

System
CPU:6700K(L519B826/M5) 
M/B:M8H(0024)
CPU Cooling: Air cooling(temp25.5℃) & LN2
V-TEC ARC Bed Rev.3.3 by Vigor
Memory:F4-3200C15Q-16GRKD(4x4G) 
VGA:GT520 & GTX 980 Ti
SSD:M4 64G & 128G(Boot Drive)
WD360ADFD(data & system backup)
Power Supply: TPQ-1200(Antec) & Seasonic SS-1250XM(980Ti)
OS:WinXP x86,x64 & Win 7 x86,x64

感想
1) Skylakeも殻割り必須っぽい。。。
2) M8H(ASMedia SATA付き)にして良かった。
3) HWBOT Prime 6.2G以上の石なら殻割り予定。

MSI GTX 980Ti GAMING 6G:(LN2)

LN2でtestしていますが、なかなか癖が掴めませぬ。
FS & FSEで検証を始めたのですが、1750/2000MHzの完走でさえ
かなり、LN2消費しました。。。orz

で、わかったことは、この板は冷やせません。
Vcore1.45V Vmem1.712V CB-71℃
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Memory clockを1800MHzに固定しcore1750MHzで冷やしていくと
CB-80℃まで冷やせました。
結局、Vmem1.812V mem clock1900~1950MHzなら
そこそこ冷やせて、core clockが上がる事が分かったのですが
それでも、冷やせないためVcoreが1.520Vまでしか入りませぬ。
とりあえず、廻るところでscore make...

FSE 1750/1977MHz 11300
fse-11300.jpg
FS 1794/1924MHz 22833
fs-22833.jpg
ここから、core clockを上げていきましたが
原因不明のslow mode(温度-電圧に無反応)に突入したため
撤収しました。   2015.7.17
-------------------------------------------------------------
昨日、あまりにも廻せなかったので、気分転換に
11 Vantageで検証しました。
昨日よりは、気持ち冷やせるのですが、FS程度しか廻りませぬ。
で、試しに、gen3→gen2に落としてみました。
ほんのり遅いのですが、少し冷やせるようになって、Vcore1.56Vでも
OKでした。

CB-105℃まで確認。。。気がつくのが遅れてLN2がなくなり
検証を終了しましたが、も少し冷やせるような感じがします。

Vcore1.56V Vmem1.816V -95~-105℃ keep
11 1891/1950MHz P31209
11-31209-katana.jpg
Vantage 1891/1950MHz P85148
van-85148-katana.jpg
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2015.7.25
Vcore1.610V Vmem1.812V -105~-94℃ keep
FSE 1948/1944MHz 11570(Gen2 ,LODは未使用)
fse-11570-katana.jpg
この辺りは、かる~く完走するのですが、
Vcore1.625V core1998-2010(-107~-101℃)は4回失敗。
冷やすと、さらにmemclockを下げないといけない感じでした。

11 1980/1900MHz Vcore1.635V(load) -130 start~-115℃ keep P31578
11-31578-katana.jpg

System
CPU:5960X(L427C192/2W) 
M/B:R5E(1401)
CPU Cooling: LN2
V-TEC ARC Bed Rev.3.3 by Vigor
Memory:Crucial CT4K4G4DFS8213(4Gx4 single side D9RGQ) 
VGA:GTX 980 Ti(MSI GTX 980 Ti Gaming 6G with LN2-bios by Asus)
SSD:M4 64G(Boot Drive)
WD360ADFD(data & system backup)
Power Supply: TPQ-1200(Antec) & Seasonic SS-1250XM(980Ti)
OS:Win8.0 x64 & Win 7 x64

感想
1) 板は冷症でした。しかし、Gen2ならそこそこ冷やして廻せそう。
2) AsusのLN2-bios でOKそうです。
Cold-slow mod & cold shutdown modは、必要なさそうでした。
3) Vcore 1.60Vを超えてくると爆熱です。LN2で環境を整えるだけで
  10-12L必要。。。orz

MSI GTX 980Ti GAMING 6G

を購入してみました。
Normal biosで、かる~く検証中です。

ASIC:77.8%
GDDR5:Hynix

室温24.5℃ Fan 100%
mem(Vmemデフォ):2100MHz/heaven
core:1.212V(+0.024V/デフォ 1.197V)
11:1570/2100MHz GS 29973
980ti-msi-11-test5.jpg
Vantage:1560/2100MHz
980ti-msi-vantage-test3.jpg
Heaven:1533/2100MHz(もう少し↑でもいけそう)
heaven-6338.jpg

冷やすためには、LN2-biosが必要なのですが
さて、どうしたものか(笑
------------------------------------------------------------------
とりあえず、板をバラしてみました。
Vcore コントロールチップ:NCP81174
Vmem コントロールチップ:チップ上の文字が見えませぬ(笑

周りのチップ配置や配線パターンはMSI GTX980 Gamingと
同じなので、多分問題なし。。。?

で、まず、AsusのStrix? GTX 980 TiのLN2-biosに書き換えてみました。
ttp://kingpincooling.com/forum/showthread.php?s=02555e4dba6b25e82f335b17f377bac6&t=3770
nvflash_5.218.0.1_for_win使用
コマンドプロンプト
nvflash -6 filename.rom

今回は普通に起動、Vmemは低めに出力されていますが
full modすればなんとか、冷やせそうです(まだ、未改造)
ほんとうに、有難い事です(中の人、GJ !!)

とりあえずVmem modのみ追加し、動作確認。
5KΩで1.624V→Win起動直前に1.498Vに低下。
抵抗値をさげて1.712Vまで動作確認しました。

11:1576/2100MHz GS 30547
11-980ti-test02.jpg

Vantage:1560/2100MHz GPU Score 73789(normal bios+500程度)
van-980ti-test0.jpg
ちょいとscoreの上昇が鈍いのはGT1がすでにCPU依存になっているためです。
Vantage:1563/2117MHz CPU4.7GGPU Score 75553
van-980ti-test02.jpg
11と違い、coreの方はCPU依存であることがわかります。

Heaven:1537/2066MHz X6505.118
heaven-980ti-test.jpg
Heavenも、coreの方はCPU依存になっています。
Vcore1.274VなのでIMCの熱のためmem-clockが上がっていませんが
冷やせば、たぶんOKと思います。

FS 1575/2106MHz GS 22993
fs-980ti-20331.jpg

FSE 1572/2101MHz GS 10630
fse-980ti-10246.jpg

Vcore-mod,OCP-mod,Power limitter-modを追加済み。
ただし、この板用のCold-slow mod & cold shutdown modが分かりませぬ。
AsusのLN2-biosのみでOKなのかどうか、冷やしてみなければ分かりませんが
冷やせない場合でも最悪、1750/2100MHz辺りで廻ってほしいところ。。。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
前の10件 | -